BOTTOMCOLOR-REPORT

 日常出来事報告書。

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.06.20[水] 「大日本人」と「監督・ばんざい!」






この二作はとても両極的な作品だった。
公開日を偶発的なんだか知らんが一緒になって(北野側ちょっと仕掛けたか?笑)しまって、お笑いスクリーンバトルになったみたいですね。
感想を書く前に、まずお笑いについて書いときたい。
松本の笑いはどっちかと言うと、シュールでクールさがある。かっこよく言うとアーティスティックである。変な顔して踊り狂ったり、スタント技や離れ業をしてお客の目を驚かせるっていうのとはちょっと違う。
よく言うと、すこし知的な笑い。
北野の笑いは直通的。変な格好だったり、かっこつける部分でとんちんかんな振る舞いしたり。
よく言うと、誰にでも通じて、考えなくてもわかる。
、、、、、、





過去のものにして、笑いものにするのが新機軸か
無理やりにでも笑うという行為が健康面で良いという機軸か
ただのすべりか
映画はタダからできてるものじゃないよ

スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://bcreport.blog57.fc2.com/tb.php/29-ce2ffa78

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

コバルト

Author:コバルト
BOTTOMCOLOR別館。
日本語を上手に喋りましょう。
日本文化を大切にしましょう。
日本を好きになりましょう。
そんな自分になれますか。知りません。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

Copyright © コバルト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。